• トップページ
  • 刑事事件の概要
  • 犯罪被害者の方
  • 過去の事案(実績)
  • 事務所概要
  • 弁護士紹介
  • ご相談フォーム
  • プライバシーポリシー

刑事事件の流れ

刑事事件の流れ

職務質問や自首、被害届けの提出などから犯罪の可能性を認識して警察の捜査が開始されます。

被害者が逮捕されると48時間以内に身柄や事件記録が検察庁に送られます。

検察官が記録などを確認して、身柄を拘束すべきと判断を下した場合、24時間以内に裁判官に勾留の請求を行います。もし勾留するには値しないと判断した場合は裁判官に勾留請求を行わずに被害者は釈放されます。

裁判官へ勾留請求を行っても裁判官が棄却した場合にも被害者は釈放されます。

勾留開始が決定されると原則10日間の身柄が拘束され取調べが終わらない時には検察官が裁判官に勾留延長の請求を行い、認められた場合さらに最大10日間の延長がなされます。

取調べの後、検察官は被疑者を起訴するかを決めます。
※起訴とは、疑いの事件について判断を行うことを言います。起訴された後は、被疑者から被告人と呼び方が変わります。

無料相談・面談ご予約

無料相談・面談予約 

もえぎ総合法律事務所

もえぎ総合法律事務所 交通事故相談所

もえぎ法律事務所

立川、八王子、日野、昭島、福生、国立、国分寺、東大和、調布、三鷹、府中、多摩、武蔵野、武蔵村山、町田、あきる野、稲城、青梅、清瀬、小金井、小平、狛江、西東京、羽村、東久留米、東村山、奥多摩町、日の出町、瑞穂町ほか東京23区内・神奈川県・埼玉県・山梨県で、債務整理、過払い、離婚、相続、交通事故、刑事事件等でお困りであれば、もえぎ法律事務所までご連絡ください。
これ以外の地域・分野でも随時相談をお受けしています。

インターネットで御予約いただいた場合、初回30分は無料法律相談になります。